FC2ブログ

V&F Recipe

野菜とフルーツでおいしい生活

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃カメラルポ

2009'08.29 (Sat)

久しぶりに胃カメラ飲んできました
と言っても以前飲んだのは多分10年以上前。

「この先生上手だから。」
というなんの根拠もない母のおすすめの先生が第一回目。
もうあんまり覚えてないけど、「ふ~んこんなもんなんだ。」
という記憶で今回も予約。

まず小さな紙コップに入った白っぽいシロップを飲まされます。
これで胃の中の泡を消すらしいです。

「次は、胃の動きを抑える筋肉注射ね。」
えっなんで胃の動きを抑えるのに肩に筋肉注射!?
でもこのナースは以前に血液検査をしてくれた時もすごく上手だった
イメージなので安心できる。

やっぱり相性って大事だな。

「ではこれは飲み込まずに5分間ね。」
と喉麻酔。舌がピリピリ。
忙しそうだったのでタイマー自分で止めました。
飲み込もうとする感覚が麻痺。このまま待ってたら麻酔切れちゃうじゃん

検査室に入って軽く説明。
・・・なんの根拠もないけど、下手そうこの自信なさげな目。

「じゃあ最後の麻酔ね。」
と言われてシュっとひと吹き。ナースが背中をずっとなでなで。
ナースが身体に触れててくれる時って大体大変な事が起こる前兆。

オエッ!!
「力抜いて息を楽にして下さい。」
ムリムリ、だってこの人押し込むんだもん。

「じゃあピロリ菌の検査しちゃいますね。」
と言われていつもの激痛が・・・。
ちょっとぉ、組織取るとか、つまむから痛いとか言ってよ。

辛いのは入り口だけでなんとか十二指腸まで通過。
「息止めて。」
取り出す時はスムーズでした。

「胃の中も十二指腸もピンク色で綺麗ですね。
がんとかの心配もないです。
胃潰瘍とかポリープとかもないですよ。」
・・・いや元々がんかもとか言われてないし。

「胃の出口にちょっとプツプツ凹凸がありますね。
慢性胃炎ですかね。青い薬を入れてよく観察
できるようにしておきました。」

結局いいんだか悪いんだかイマイチ説明もよくわからず、
最後にちっちゃい胃の中のプリクラっぽいやつを4カットもらいました。
やっぱり相性って大切。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

lizjouet

Author:lizjouet
ベジタブル&フルーツマイスターがお届けする目で食すレシピ・・・のはず

最近のトラックバック

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。