FC2ブログ

V&F Recipe

野菜とフルーツでおいしい生活

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらないものって何?

2009'09.19 (Sat)

noda.jpg

2009年夏、野田秀樹、
池袋、東京芸術劇場、芸術監督就任。

センスあるポスターだなぁ

というわけで、けいこさんにお誘い頂き木曜日に

diver.jpg

観てきました。

今回のお話はわりと優しく、野田秀樹の演出も
客観的に観る事ができて、
お~すげ~凝ってる~という感じで楽しめました。
元々ロンドン用に描かれていたものを日本バージョンで公演。

源氏物語の優美さと現代に起こる放火事件をジワジワ
リンクさせていく技が随所に光る。

特に心がかゆくてしょうがなかったのは「雅楽」と「扇」

雅楽っていうジャンルでいいの?
音ひとつで画面を切り替える和の技。

落語でお蕎麦を食べる箸になったり、
店先ののれんになる扇。
それを小粋に現代風に入れていく。

日本の良さを伝えようとすると、古典にこだわりすぎて、
「いや、だからサムライって実際歩いてないから。」
なんて事になりがちだけど、さらっと自然に日本の巧みな技を
披露していて、しかも押し付けられている感じもない!

野田秀樹の「表現」に泣きそうになりました。

そして源氏物語での女心、現代での多重人格。
「大竹しのぶ観ました」
と胸張って言える素晴らしい脚本と演技でした。

野田さんは何度も色々な方で再演したりするので、
内容は観てのお楽しみという事で。
結構ネタバレしてます?
大丈夫ですよね。未知なる方なので。

私の感想は、
伝統はいつの時代にも受け入れられる。
恋心と憎しみはヒトがどんなに進化を遂げたとしても
恒久的に存在する。

あ~人間って意外と馬鹿で成長しないものね~。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

lizjouet

Author:lizjouet
ベジタブル&フルーツマイスターがお届けする目で食すレシピ・・・のはず

最近のトラックバック

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。