FC2ブログ

V&F Recipe

野菜とフルーツでおいしい生活

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりぼっちの君へ

2010'03.31 (Wed)

先日、酔っ払って財布を置いてきちゃったな~。
気をつけないと、というか、普通落とさないよなぁ、財布。
と落ち込んでいたら、上には上がいた。

「酔っ払って川に飛び込んだんだけどさ、人通りもあったし、
 海上自衛隊?いや、海じゃないから違うか。けどすぐ助けに来た。
 で、3日間ほど会社に行けなくて。」

・・・。

もしかして、命絶とうとした?
なんて聞けないし。

そんな事になったら、私はどれだけ悔やむんだろうと胃の辺りが冷たくなった。
いや、自分の辛さを恐れている場合じゃない、一体どんな事態なんだそれは・・・。

最近心が落ち着く言葉がある。



「色即是空」

「色」というのは、目に見えるもの、形づくられたもの。

木も草も犬も猫も人間もすべて「色」。
そしてこの「色」は、実体としてあるものではなく変化している。

目に見えるものはそこにあると思っている。
しかし、私という存在はどういうものかというと、
両親があって生まれてきて、それから毎日呼吸をし、
水を飲み、食事をして生きている。

絶えず新陳代謝をしているわけで、今日の私は昨日の私ではないし、
今日の私は明日の私ではない。すなわち「色」には不変で実体はないから、
すなわち「空(くう)」。

「空」というのは、空っぽとか、何もないという意味ではない。

木が一本ある。
それにはまず地球があって、木が大地にしっかりと根を張っていなければならない。
その土には水分、栄養分がいる。さらに太陽が照って葉に光が当たらないといけない。
もちろん空気もいる。木はそのものだけでは存在せず、
周りのものすべてのなかでの一つの表現としてそこにある。
すべてのものが網の目のようにお互いに関係しあって存在していて、
単独に存在するものはない。すべてのものは根本的には一つであるということ。

一つ二つの一つではなくて全部を一つと表現する、それを「空」。

でも現実には、猿と人間は違うし、人間も一人一人違う。
それをすべて同じだと言ったら区別がつかないし、私のものはあなたのもの、
あなたのものは私のもの、男も女も同じと言っていたら社会は成り立たない。

そこで「空即是色」

「空」は必ず「色」というそれぞれ個別の様相を取ってこの世に表れる。
もとは同じだが、現実に現れたものには、それぞれ区別がある。




ひとりぼっちなのではなく、ひとりぼっちになろうとしているだけ。
ちょっと勇気を出して周りに声を掛けたら、みんなとっても優しい。
だってもとは同じだもん。思いは必ず伝わる。

ちなみに出れなかったのは、「誰でもいいから身元引受人」
と言われて誰の名前も口にしなかったからだとか。
人としてまだまだだなぁ、私。







スポンサーサイト

コメント

う~ん

なのかもしれない…けど…そうでないこともあるのかもしれない…そのときそのときで…でもきっと答えも…無い…なのかな…

やっぱり

2つも書いてすみません。
うん やっぱり どこかで ぜんぶ つながってる!うん!

川に飛び込んではいけないよぉー!
ご飯係りなんだから(笑)
ねっ。

>union4129
2つ。ありがとうございます。
これからまた解釈は変わっていくのだと思います。でも今は繋がっていると感じます。

>琥珀
もしかしたらものすごい勢いで叱ったりして、どれだけ大切にしているかを訴えなくてはいけなかったのかもしれませんが、それもまた個性なのかな。と。もちろん生きていて欲しい。それは変わらないのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

lizjouet

Author:lizjouet
ベジタブル&フルーツマイスターがお届けする目で食すレシピ・・・のはず

最近のトラックバック

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。