FC2ブログ

V&F Recipe

野菜とフルーツでおいしい生活

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください

2012'02.13 (Mon)

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)
(2011/10/18)
上野千鶴子、古市憲寿 他

商品詳細を見る


介護保険って40歳から天引きされるんですよね。

まさに私も業務をしていてそれぐらいは知っているが、それしか知らない。
でも妊娠より確実に訪れる介護。

今回は年の差37歳の対談形式。

ちょっぴり上野さんの本も読んだので、団塊世代の気持ちもわかる。
完全に一致はしないけど、26歳の古市(ふるいち)さんの気持ちもわかる。
うなずきながらあっという間に読んでしまった。

哲学を「考える」と簡単に置き換えると、
・自分はこの先年をとったらどうなるんだろう。
・親が倒れたら今の生活と介護をどうやってやりくりするんだろう。
・私、いつどんな理由で死ぬの?

なんてことをちょっと時間があると、どんどん頭を駆け巡り埋もれてしまいそうになる。
それをただ無駄に考えているだけのような気がして悲しい気持ちだったことは
「哲学する」
というなんとなく響きのいい言葉に置き換えて消化できるようになった。

所詮自分の知っている範囲なんて狭きもの。
この本を読んで改めて介護保険ができた意味やしくみと、介護を少しだけ理解できた。
不安は不安のまま、死ぬのは誰だって怖い。
でも準備をしておくことは大事だという事も学んだ。

本の見た目より軽く読める、オススメの1冊です。

そうそう、「少子化対策なぜ進まないのか」とかフェミっぷりもクスクスしちゃう。

本とは関係ないけど、
「健康診断に子宮ガン検診・乳がん検診をオプションでつけましょう」
ってなんで会社が必死に言わなきゃならないの?
そもそも健康診断の項目に入れとけばいいじゃない。
・・・ってよく考えたら社会の仕組みは男性をベースにしているから、元々そんな発想ないのよね。
なんて考えがまた一つ繋がったりして。

ただそれは不満に思う私たちがネットワークを作って立ち上がらなくちゃいけないこと。
当事者が声を上げなくちゃ気持ちは伝わらないし、
話して相手の意見を聞いて始めて問題の本質も見えてくる。
声に出してみるって大切だね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

lizjouet

Author:lizjouet
ベジタブル&フルーツマイスターがお届けする目で食すレシピ・・・のはず

最近のトラックバック

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。